スポンサーリンク

認定中古車は本当に安心なのか? いや、故障もするし修復歴があることもあります

カーディーラー自動車関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中古車の中では安心度が高いといわれる認定中古車ですが、
良い話しも悪い話しも聞かれます。


今回は真剣に認定中古車を検討されている方に是非読んでいただきたいと思いまとめました。
多くの認定中古車に接して来た経験をもとに書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

認定中古車とは

認定中古車とはメーカーと契約した正規販売店が扱う中古車で、
その正規ディーラーが一定の基準を設けて整備し、
社外の第三者機関による査定を受けて販売している中古車です。

当然ながら正規ディーラーが新車販売したクルマが対象となり、
平行輸入されたクルマが認定中古車になることはありません。

多くは高年式の中古車で、走行距離も少ないクルマが多いです。
そのためコンディションは上々のクルマが多いといわれています。

スポンサーリンク

認定中古車 噂のウソとホント

一般に認定中古車は整備履歴や修復歴などの過去歴が明確なクルマといわれていますが、
それは本当でしょうか?

残念ながら違います。

立派な店舗に並べられた認定中古車でも整備履歴(記録簿)が不明なクルマは存在します。

実際、私も過去に履歴不明のベンツを購入したことがあります。
もちろん正規ディーラーから認定中古車として買っています。
これはレアケースではなく、そういうクルマは確実に存在します。

なぜ正規ディーラーが新車販売して下取りで入庫したクルマなのに履歴が不明なんでしょうか?
そのベンツの場合は諸事情から前オーナーの個人情報を抹消するために履歴が消されていました。
消去したのは正規ディーラー自身です。
つまり意図的に正規ディーラーが前オーナーの情報とともに履歴を消して販売したわけです。

もちろん次のオーナー(2番目のオーナーでした)となる私に対し、
その正規ディーラーは履歴が消された事情の説明とクルマを全面的に保証して販売しています。
こういうクルマも実例として存在します。

また、認定中古車にも修復歴のあるクルマが紛れ込むことがあります。
これはどこまでを修復歴とするかで判断が分かれるからです。

実はこの修復歴の基準はオークション会場や事業者によって異なります。
一応、日本オートオークション協議会が「修復歴」を定義していますが、
強制力がないため各地各所のオークション会場や事業者は独自に設定しているのが現状です。

よって販売者は「修復歴なし」と判断したが、
購入者は「修復歴あり」と考えてしまう相違が起きてしまいます。

正規ディーラーによっては一般的な修復歴に相当しない程度の軽微な事故車の販売はあり得ると堂々と宣言しています。

一部の中古車販売店による恣意的な認定中古車批判の実態

ときどき街の中古車販売店が正規ディーラーは新車を売る店であって、
中古車販売には力を入れていない。
認定中古車が極上車なんていうのは幻想だと批判も込めて発言していますが、
これはちょっと違うと思います。

冷静にビジネス視点で考えればわかることですが、
本当にそうであるならば、あれほど多くのメーカー・販売店が資金や会社のリソースを投じて事業として営んだりはしません。
そういう発言をする中古車販売店は自社のHPなどで以下のようなことを強調しています。

  • 認定中古車を買って損した人がいる
  • 認定中古車を買ったら事故車だった人がいる
  • オークション会場で認定中古車を仕入れたら粗悪車だった
  • 高額で買ったのにオイル交換もされずに納車された人がいる…それが認定中古車店の実態だ

などなどです。

認定中古車と呼ばれるクルマは何万、何十万台と市場に出ています。
認定中古車店も星の数ほど存在します。
確かに中には酷いケースもあるでしょうし、
本当に酷い劣悪中古車もあったのでしょう。

しかし、一部のケースをいかにも全体のことのように誇張して批判するのはどうかと思います。
認定中古車全体がそんなクルマばかりならば全国の認定中古車店は猛批判を受けているでしょう。
今の世の中、消費者はそんなに甘くありません。
むしろそんな悪評流布に必死な中古車販売店こそ悪質店の可能性があります。

無条件に正規ディーラーを優良店と信じましょうなどとは言いませんが、
少なくとも自画自賛と正規ディーラー批判に忙しい中古車店こそ危険な店だと思います。

余談ですが、輸入車では交換時期が来なければオイル交換しないというのは珍しくありません。
車検であっても(交換サインが出ていなければ)オイル交換しないと思います。
そのロングライフ整備が正しいかどうかは議論の余地がありますが、
少なくとも正規ディーラーはメーカーの定めたサービスマニュアルに沿って整備を行っています。
粗雑な対応でオイル交換せずに納車したわけではないことは理解しましょう。

トヨタディーラー
トヨタは戦略的思考で認定中古車事業に力を入れています。
関連記事

最近の認定中古車を取り巻く環境

では認定中古車は絶対安心な中古車なんでしょうか?

残念ながらそんなことはありません。

例え正規ディーラーの中古車であってもコンディションの悪いクルマは存在します。

とくに最近は半導体不足から新車生産に支障を生じているメーカーが多く、
すべての新車生産数が大きく落ち込んでいます。

その新車不足な状況を反映して中古車市場が活況を呈していますが、
一部の認定中古車店では販売するクルマの在庫不足が深刻となってしまい、
売りたくても売る商品がないという厳しい現実に直面しています。

この状況は既に一年以上続いているそうで、
販売するための在庫車確保に血眼になっているようです。
結果として以前では考えられなかったコンディションのクルマが店頭に並んでいます。

正規ディーラーでは基準に満たない下取り車はオークションに流して処分してしまいますが、
この基準を緩めているとしか思えないような状況が見受けられます。
今は「認定中古車だから安心」と過信しないほうが良さそうです。

また、前述した認定中古車批判をするお店がオークションで認定中古車を仕入れたら粗悪車だったと書いているのを見かけますが、
そもそも認定中古車店は基準に達したクルマならオークションには流しません。
自店の商品として販売します。
オークションに出品されていた時点でそれがどんなクルマなのか想像できると思います。
これらのクルマは「元認定中古車」であったもので、現役の認定中古車ではありません。
こういう不正確な情報を流布する中古車販売店の喧伝に惑わされないようにしましょう。

認定中古車にもランクがある

意外とご存知ない方もいますが、認定中古車にもランクが存在します。

本来は最上位のクルマを「認定中古車」としていたと思いますが、
最近はすべてのランクをひっくるめて認定中古車と呼んでいるようです。

まだ新車保証が残っているような高年式のクルマと、
基準ギリギリのクルマではコンディションにかなりの違いがあっても不思議ではありません。

また、正規ディーラーが販売数確保のために自社登録した新車(新古車)と、
顧客に数年乗られた本物の中古車も呼称は同じ認定中古車となっています。
当然ながらこの両車のコンディションには雲泥の差があります。
認定中古車ならなんでも大丈夫とはいかないことは理解しましょう。

街の中古車販売店もがんばっている

よく正規ディーラーの認定中古車は「上質」で、
街の中古車販売店のクルマは「普通」みたいな言われ方をしますが、
これは間違っています。

街の中古車販売店でも正規ディーラーに負けないくらい品質管理を徹底しているお店はたくさんあります。

よく正規ディーラーは「下取り車を入念に整備している」と強調しますが、
同じように、いやむしろそれ以上に整備して販売している中古車店はいくらでもあります。

しかしそういう販売店のクルマは「認定中古車」を名乗ることはできません。

実際に認定中古車より状態の良いクルマを厳選して並べているお店もたくさんあるんです。

必ずしも、

正規ディーラーの認定中古車 > 街の中古車販売店の中古車

ではないことを忘れないようにしましょう。

まとめ

認定中古車でもコンディションの悪いクルマは存在します。
軽微な修復歴のあるクルマも存在します。
販売価格に見合わないクルマも存在します。


正規ディーラー認定中古車もピンからキリまであることを肝に銘じておきましょう。
そして認定中古車なら「見なくても大丈夫」なんてこともありませんので注意しましょう。

「美品」とか「極上」の基準は人によって違います。

クルマも例外ではありませんので、最終的には自分の目で見てしっかり判断しましょう。

関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました